妊娠中の風邪、どうやって対処する?

妊娠中、どんなに気を付けていても風邪をひくことがありますよね。でも、薬は飲めない。どうしよう、と困っていると、どんどん状態が悪化してしまった!!

そんな時には、みんなどうやって対処しているろうか?これ、気になるところですよね。そこで今回は、妊娠中の風邪がカラダにどう影響しているのか?薬は飲んでも良いのか?などについてご紹介したいと思います。

【妊娠中の風邪への対処方法】

妊娠中に風邪ひくなんて!と周囲の人から怒られて落ち込んだり、自己嫌悪に陥ったり。わかります、その気持ち。

でも、プレママも人間、どんなに注意していても、風邪をひくこともあります。むしろ、妊娠中には抵抗力が落ちているので、風邪はひきやすい状態になっているのです。

そんなプレママが風邪をひいた場合、どんな影響があるのでしょうか?

《風邪がカラダに与える影響について》

(心配ない風邪の状態)

咳やくしゃみが出る程度で、軽い風邪かな?という状態で、且つママが普通に生活できる範囲の症状であれば、まずそんなに心配する必要はありません。

時々、咳やくしゃみが流産・早産を招くという心配をする方がおられますが、ちょっとの咳・くしゃみ程度なら、そこまでの状態になる事はまずありません。

しかし、妊娠中のカラダは抵抗力が落ちていて、軽い風邪でもなかなか治らない事があるのです。悪化させる前のこの段階で病院での治療を受けて、早めに治してしまいましょう。

(注意が必要な風邪の状態)

ひどい咳・くしゃみが止まらない・高熱などの場合は、心配な状態です。すぐに受診・治療をしましょう。この状態になると、ママの体力的にも心配ですし、お腹の中の赤ちゃんへのなんらかの影響も考えられます。

例えば、激しい咳による流産・早産への懸念・高熱による子宮収縮の誘発など。こうなると深刻な状態にも繫がる可能性があります。

(お腹の赤ちゃんへの感染)

風邪のウイルスがお腹の赤ちゃんに感染する心配はありません。それよりも、ママの体力消耗や風邪の状態悪化が赤ちゃんに与える影響の方が怖いですので、悪化させる前に対処する事が重要となります。

(インフルエンザの場合)

妊娠中にインフルエンザ感染した場合、抵抗力が弱っている状態のママのカラダには、インフルエンザの症状が顕著に表れ、長引いてしまう事が少なくありません。あるいは重症化し、ママのカラダを危険にさらす事、その影響がお腹の赤ちゃんに及ぶことは充分考えられるのです。

《妊娠中の風邪/薬の服用は?》

妊娠中、風邪をひいても薬は飲めないのだから、病院に行っても仕方ない。そんなお話を聞くことがありますが、実はこれ間違いなのです。

妊娠の超初期の段階なら、お腹の赤ちゃんの身体や臓器が作られるタイミングに合致してしまっているので、風邪薬の服用は控えるべきなのですが、妊娠10週を過ぎていれば、赤ちゃんへの影響への心配はなくなっているので、服用できる薬もあるのです。

むしろ、何も対処せずに風邪をこじらせてしまった事の方が、赤ちゃんに与える影響は大きくなりますので、早い段階で医師に相談し適切な治療を行いましょう。

ただし、市販薬の服用・風邪薬以外の服用には慎重にならなければいけません。必ず医師に指導に従いましょう。

>>妊娠 週別情報

《風邪をひかないための工夫》

妊娠中に風邪をひかないためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?

(室内環境)

先ずは、室内での工夫。冷暖房・加湿器などを活用して、湿度・温度を適温に保ちましょう。

夏の適温は25~28℃で湿度は55~65パーセント。冬なら18~22℃で湿度は45~60パーセントに保てば、風邪のリスクを低減できると言われています。

(食事での対処)

栄養バランスの良い食事を心がけましょう。同時に、カラダを冷やす冷たい食べ物を避ける事、逆にカラダを温める食べ物を積極的に取りましょう。

(手洗い・うがい)

外出先から帰宅したならば、まずは手洗い。石鹸を使って洗いましょう。そしてがらがらうがいで喉の奥を洗います。

また、出先でも対策を行いたい場合には、こまめにお茶を飲み、喉についたウイルスを胃の中に流し込みましょう。これを15分に1回程度行えば、効果的なのです。

(家族からの感染防止)

もし、家族が風邪をひいてしまった場合には、家族内での感染を防ぐため、タオル・足ふきマット・便座マットなど、直接肌に触れる物の共有を避けるか、使用前に消毒を行い、感染しない工夫を行いましょう。

嘔吐や下痢などの処理を行う際には、手袋・メガネ・マスクを着用してから処理を行いましょう。

【まとめ】

妊娠しているママが風邪をひいた場合にも、その月数によっては薬での治療が可能だと言う事、むしろ悪化を招くよりもその方が好ましい事が分かりました。

ただし、独自の判断で薬を服用するのではなく、必ず医師の指導の下で行う必要があるのです。また、これは風邪に限った事で、それ以外の症状をあてはめて考えてはいけません。

妊娠中のママの健康・お腹の赤ちゃんの健康・両方を守るために、早めに対処して、医師の正しい指導の元治療しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です