妊娠中の風邪、どうやって対処する?

妊娠中、どんなに気を付けていても風邪をひくことがありますよね。でも、薬は飲めない。どうしよう、と困っていると、どんどん状態が悪化してしまった!!

そんな時には、みんなどうやって対処しているろうか?これ、気になるところですよね。そこで今回は、妊娠中の風邪がカラダにどう影響しているのか?薬は飲んでも良いのか?などについてご紹介したいと思います。

【妊娠中の風邪への対処方法】

妊娠中に風邪ひくなんて!と周囲の人から怒られて落ち込んだり、自己嫌悪に陥ったり。わかります、その気持ち。

でも、プレママも人間、どんなに注意していても、風邪をひくこともあります。むしろ、妊娠中には抵抗力が落ちているので、風邪はひきやすい状態になっているのです。

そんなプレママが風邪をひいた場合、どんな影響があるのでしょうか?

《風邪がカラダに与える影響について》

(心配ない風邪の状態)

咳やくしゃみが出る程度で、軽い風邪かな?という状態で、且つママが普通に生活できる範囲の症状であれば、まずそんなに心配する必要はありません。

時々、咳やくしゃみが流産・早産を招くという心配をする方がおられますが、ちょっとの咳・くしゃみ程度なら、そこまでの状態になる事はまずありません。

しかし、妊娠中のカラダは抵抗力が落ちていて、軽い風邪でもなかなか治らない事があるのです。悪化させる前のこの段階で病院での治療を受けて、早めに治してしまいましょう。

(注意が必要な風邪の状態)

ひどい咳・くしゃみが止まらない・高熱などの場合は、心配な状態です。すぐに受診・治療をしましょう。この状態になると、ママの体力的にも心配ですし、お腹の中の赤ちゃんへのなんらかの影響も考えられます。

例えば、激しい咳による流産・早産への懸念・高熱による子宮収縮の誘発など。こうなると深刻な状態にも繫がる可能性があります。

(お腹の赤ちゃんへの感染)

風邪のウイルスがお腹の赤ちゃんに感染する心配はありません。それよりも、ママの体力消耗や風邪の状態悪化が赤ちゃんに与える影響の方が怖いですので、悪化させる前に対処する事が重要となります。

(インフルエンザの場合)

妊娠中にインフルエンザ感染した場合、抵抗力が弱っている状態のママのカラダには、インフルエンザの症状が顕著に表れ、長引いてしまう事が少なくありません。あるいは重症化し、ママのカラダを危険にさらす事、その影響がお腹の赤ちゃんに及ぶことは充分考えられるのです。

《妊娠中の風邪/薬の服用は?》

妊娠中、風邪をひいても薬は飲めないのだから、病院に行っても仕方ない。そんなお話を聞くことがありますが、実はこれ間違いなのです。

妊娠の超初期の段階なら、お腹の赤ちゃんの身体や臓器が作られるタイミングに合致してしまっているので、風邪薬の服用は控えるべきなのですが、妊娠10週を過ぎていれば、赤ちゃんへの影響への心配はなくなっているので、服用できる薬もあるのです。

むしろ、何も対処せずに風邪をこじらせてしまった事の方が、赤ちゃんに与える影響は大きくなりますので、早い段階で医師に相談し適切な治療を行いましょう。

ただし、市販薬の服用・風邪薬以外の服用には慎重にならなければいけません。必ず医師に指導に従いましょう。

>>妊娠 週別情報

《風邪をひかないための工夫》

妊娠中に風邪をひかないためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?

(室内環境)

先ずは、室内での工夫。冷暖房・加湿器などを活用して、湿度・温度を適温に保ちましょう。

夏の適温は25~28℃で湿度は55~65パーセント。冬なら18~22℃で湿度は45~60パーセントに保てば、風邪のリスクを低減できると言われています。

(食事での対処)

栄養バランスの良い食事を心がけましょう。同時に、カラダを冷やす冷たい食べ物を避ける事、逆にカラダを温める食べ物を積極的に取りましょう。

(手洗い・うがい)

外出先から帰宅したならば、まずは手洗い。石鹸を使って洗いましょう。そしてがらがらうがいで喉の奥を洗います。

また、出先でも対策を行いたい場合には、こまめにお茶を飲み、喉についたウイルスを胃の中に流し込みましょう。これを15分に1回程度行えば、効果的なのです。

(家族からの感染防止)

もし、家族が風邪をひいてしまった場合には、家族内での感染を防ぐため、タオル・足ふきマット・便座マットなど、直接肌に触れる物の共有を避けるか、使用前に消毒を行い、感染しない工夫を行いましょう。

嘔吐や下痢などの処理を行う際には、手袋・メガネ・マスクを着用してから処理を行いましょう。

【まとめ】

妊娠しているママが風邪をひいた場合にも、その月数によっては薬での治療が可能だと言う事、むしろ悪化を招くよりもその方が好ましい事が分かりました。

ただし、独自の判断で薬を服用するのではなく、必ず医師の指導の下で行う必要があるのです。また、これは風邪に限った事で、それ以外の症状をあてはめて考えてはいけません。

妊娠中のママの健康・お腹の赤ちゃんの健康・両方を守るために、早めに対処して、医師の正しい指導の元治療しましょう。

妊娠初期に感じるカラダの痛み/安全な痛みの種類

妊娠が判明し、これから迎える妊娠生活に思いをはせると、幸せな気持ちに包まれますよね。あんなものを準備して、こんなものを買ってと、出産に向けた楽しい時間が待っているのです。

しかし、ママのカラダには、あまりありがたくない変化が現れるのも事実。それが妊娠初期に感じるカラダの痛み。辛くて心配ですよね。

という事で、今回は妊娠中に感じる痛みの中の、「安全な痛み」とされている症状についてご紹介したいと思います。

【妊娠中に感じるカラダの痛み/痛む場所と症状について】

《出血を伴わない下腹部》

妊娠中に、下腹部を中心に、引っ張られるような痛み、あるいは、ギュッと締め付けられているような痛みなどを感じる事があります。

これは、大きくなり始めた子宮が周囲を圧迫する事によって生じる痛みだと考えられています。痛みの他に症状が無ければ妊娠に伴なって起きている正常な痛みの範囲内ですので、特に心配はないと考えらえれています。

(足の付け根の痛み)

足の付け根がつっぱる・ひきつるような痛みを感じる場合は、同じく子宮の成長によって起きている痛みと考えられます。

子宮は靭帯によって支えられているのですが、妊娠に伴ない急激に成長した子宮をその靭帯が支えきれなくなり、痙攣を起こし始めた時に生じる痛みだと考えられています。これも正常な範囲内の痛みですので、さほど心配しなくても大丈夫たと考えられています。

(股関節痛)

妊娠初期及び後期になると、股関節の痛みを感じるプレママがいます。これは、出産の準備を行うために分泌されるホルモン「リラキシン」の影響なのです。この「リラキシン」は、出産の準備のために骨盤周辺の筋肉を緩める働きを持っています。このリラキシンの働きにより、出産時に赤ちゃんが狭い骨盤内を少しでも楽に通る事が出来ます。

しかし、このリラキシンが働きすぎると、骨盤が緩みすぎて、左右のアンバランスを生む歪みの原因となり、これが痛みにつながっているのです。

これも、出産徐々に改善すると言われていますが、産後にゆがみが改善されなかった場合には、そのまま痛みが継続する場合があります。そうならないためには、妊娠中にプレママの勉強会などで習った、妊娠体操・腰痛体操などで改善をはなりましょう。

(ひざ関節痛)

妊娠中の急激な体重増加・大きくなったお腹の影響で歩き方が変化した場合などのため、足腰にかかる負担が大きくなり、ひざの痛みとしてカラダに現れたのがこのひざ関節痛です。

これも産後に徐々に改善すると言われていますが、痛みが強い場合などは医師に相談して改善をはなりましょう。

(腰痛)

お腹が大きくなる妊娠中期以降の腰痛の原因は、赤ちゃんの成長に関係していると考えられます。これは、大きくなった赤ちゃんの重さによってカラダに負担がかかる事で腰痛を引き起こしているという物です。

しかし、妊娠初期の腰痛の場合、未だお腹はさほど大きくなっていないにもかかわらず、腰痛を発症する場合があります。これにはリラキシンというホルモンが影響していると考えらえれています。

このリラキシンは、前述したとおり出産に備えて骨盤を緩める働きがあります。実は、リラキシンが緩めるのは骨盤だけではなく、全身の靭帯もこのリラキシンによって緩められ、その緩みを補うために腰の筋肉が働きを強化します。

こうして腰の筋肉は酷使される事になり、これが悲鳴を上げる程の疲労を感じた時に痛みを生じるという訳なのです。

(胃痛)

お腹上部の胃の部分が痛む場合、つわりが原因で起こっている胃炎と考えられます。これは、妊娠中に多量に分泌されるプロゲステロンというホルモンの影響で起こっています。

このプロゲステロンは、妊娠を安全に維持するために、子宮を拡げるといった役割があるのです。しかし、このプロゲステロンは、同時に胃腸の働きを抑制してしまうので、普段に比べて働きが弱った胃から胃酸の逆流が起こり、これが胃痛の原因となっているのです。

(片頭痛)

痛みが強く、場合によっては嘔吐を伴うほどの症状を伴うのがこの片頭痛です。この、妊娠初期の片頭痛には、妊娠によって多量に分泌される黄体ホルモンが関係しています。

この黄体ホルモンには、妊娠中のママのカラダの中で赤ちゃんが快適に過ごせるようにする役割である、子宮内膜の柔軟性を保つ・血管を広げて血流を良くするなどの働きがあります。こうした働きの中の血流を良くする働きが、同時に片頭痛を発症させてしまっているという訳なのです。

(歯の痛み)

妊娠中に起こるつわりによって、歯磨きの回数が減ったり、胃酸の逆流によって口内の唾液が酸性に傾く等、妊娠中の口内環境は虫歯になりやすくなっているのです。

また、妊娠中に増加する女性ホルモンの影響をうけて、歯周病菌の発育が促進されてしまう場合があります。こうして、歯肉炎のリスクが高くなるのです。

これらが、歯の痛みの原因となっている可能性があるのです。口内を出来る限り清潔に保つように努めましょう。

(お尻の痛み)

妊娠中のママのカラダは、黄体ホルモンの影響で便秘になりやすいカラダへと変化をしてしまいます。これを放置すると、お尻、つまり「痔」が悪くなり、痛みや出血を伴うまで進行してしまいます。

先ずは水分をしっかりと補給して便秘の解消に努めましょう。それでも改善が見られない場合には、こじらせる前に医師に相談しましょう。

出産時にダメージを受けるとも言われている「痔」。産後の生活を快適に凄ぐためにも、可能な限り早めに手を打つことをお勧めします。

【まとめ】

妊娠中には、カラダの至る部分に痛みが出るのがプレママの辛いところです。つわりだけでも辛いのに直接的な痛みまでとは、ママはほんとうに大変。

一過性の物、長く痛みの続くもの、こじらせてしまえば治療が必要な症状と、その痛みいは様々な種類がありました。

対処できる物はできるだけ自分で対処して、医師のサポートが必要な症状に関しては、遠慮せずに医師に相談して、こじらせないように努めましょう。

妊娠中の汗ってどうして普段よりも多いのでしょうか?

妊娠中の様々な体調の変化、ママを悩ませますよね。

吐き気や頭痛といった、体調がすぐれなくて辛く感じる変化から、肌荒れや皮膚の乾燥、あるいは多汗といった、そんなにひどい体調不良ではないにしろ、生活をしていくうえでは気になる事柄まで、妊娠中には実に多くの変化が現われます。

その中で、今回のテーマは妊娠中の汗。妊娠中は、妊娠していない時に比べて汗をかきやすく感じるプレママもたくさんいらっしゃいます。そのメカニズムについてご紹介したいと思います。

【妊娠中の汗/その原因と対処方法】

真夏だけではなく、冬であっても妊娠中に普段以上にたくさんの汗をかく事は少なくないのです。では、どうしてそのような状態になるのでしょうか?

《妊娠中に汗をかく理由》

妊娠中に汗をかく理由は、まずは体重の増加やお腹の赤ちゃんの成長ですよね。これは、普段に比べてカラダへの負荷が大きくなり、これが体温の上昇・運動量の増加などにつながり、結果的に汗をかくという状態につながっているとかんがえられます。

また、もう一つの理由としては、基礎代謝の上昇という現象に関係しているのです。妊娠初期にはさほど変化は見られませんが、妊娠の経過とともに基礎代謝が徐々に上がり、妊娠後期になると普段に比べて約20%程度の基礎代謝の上昇がみられるのです。

これらが、妊娠中は普段に比べて汗をかきやすくなるといった現象の理由なのです。

《対処方法》

汗を防ぐために水分補給を控える!

なんて事は絶対にしてはいけません。妊娠中のカラダはどうしても水分が不足がちになり、肌が乾燥したり便秘がちになったりと、水分に関するトラブルが付き物なのです。

これは、妊娠を安全に継続するために、体内の黄体ホルモンによって、赤ちゃんや胎盤・羊水に必要な水分を優先的に行きわたらせているためなのです。

もう一つの理由としては、自律神経の乱れもその原因と捉えられています。妊娠中のカラダには、普段存在しないホルモンが分泌されたり、特定のホルモンが妊娠によって普段よりも多量に分泌されたりと、体内のホルモンバランスに変化が生じます。

結果、自律神経の乱れにつながる事があるのです。これが普段よりも汗の量が増える原因ともなっているのです。

ですから、ママのカラダには水分が必要。出来る限り多めの水分補給を心がけ、カラダの水分不足を防ぐようにしましょう。

《どんなもので水分補給すればいいの?》

いくら水分補給が必要だといっても、なんでもいいから飲めばいい!という訳にはいきません。出来る限り甘い飲み物は避けて、お茶・ミネラルウォーターの補給で対処しましょう。

普段の生活なら、スポーツドリンクなどでの水分補給が望ましいとされていますが、妊娠中にはこれは該当しません。その理由となるのが飲料に含まれてている栄養成分。糖分はじめミネラル・あるいはその他の栄養成分の中には、妊娠中の過剰摂取を避けるべき成分も含まれている場合があるのです。

ですから、必要な栄養分はバランスの良い食事から、飲料は水分補給と考えるのが妊娠中のママにとっては安全な方法なのです。

《いつ飲めばいいの?》

渇きを感じてからの水分補給よりは、渇きを感じる前に、時間やタイミングを決めて定期的に水分補給するのが望ましいのです。

【その他生活習慣】

《寝不足に注意》

睡眠不足や睡眠の質が低下すると、自律神経の乱れの原因になってしまう場合があります。適度な睡眠時間を取る事と、睡眠の質向上のための生活習慣を身につけましょう。

ねむる前にパソコン・テレビやスマホなどは早めに消す・薄暗い部屋で1時間程度ゆっくりと過ごす・好きな音楽や香りでリラックスの演出をするなどの工夫をしてみましょう。眠る前に行うリラックス効果のあるマタニティヨガもおススメです。体調を見ながら挑戦してみるのも良い方法ですね。

《食生活》

妊娠中期から後期にかけて、体重コントロールも必要になります。しかし、妊娠初期に苦しんだつわりから解放され、食欲との戦いという人もいるのでしょう。

必要以上の体重の増加は、赤ちゃんが大きくなりすぎる・妊娠糖尿病リスクの増大・難産リスクなど、あらゆる問題を含んでいるので充分な注意が必要なのです。

だからと言って、あまり食べないのは問題。栄養バランスの良い食事を心がけましょう。オススメは和食。和食といっても、1品物ではなく、品数の多い定食などがオススメです。日々の食事に取り入れてみましょう。

【まとめ】

妊娠と汗の関係。妊娠中の汗対策は、汗をかかなくするという事ではなく、汗をかくことを前提として、汗によって排出された成分を補給するという方法が望ましいのです。こうして、健康を害さないように対策をしましょうという事でした。

汗をかかなくしたいのに!!というプレママには拍子抜けかも知れないですね。申し訳ないです。しかし、妊娠中のカラダは普段とは違いますので、まずは健康第一と考えて対処してみてはいかがでしょうか?

どんなに長くても出産と同時に終わりを告げる妊娠生活。その間は、ママとお腹の赤ちゃんの健康が一番。そう考えて、汗はかくもの、補給が大切と覚えてください。

妊娠中の胃もたれの原因と対処方法

妊娠中のつわりの症状、辛いですよね。つわりは妊娠中の女性の実に8割以上が経験する症状なのです。

その中でも代表的な症状に胃もたれがあります。嘔吐や吐き気に比べて、その症状は比較的楽だと捉えらえがちですので、我慢してやり過ごすといったママ達も少なくないのでしょう。しかし、カラダの辛さである事にかわりはありません。少しでもその状態が改善すればありがたいですよね。

そこで今回は、胃もたれの原因と対処方法、先輩ママたちの体験談についてご紹介したいと思います。

【妊娠中の胃もたれ】

《妊娠中の胃もたれ/原因》

妊娠中に感じる胃もたれ。これも「つわり」の一種なのです。妊娠すると、殆どのママはこのつわりのためにさまざまな不調を迎えるのです。辛いですよね。でも、このつわりは、ママのカラダが体内で赤ちゃんを育てる準備を始めた証拠なのです。

妊娠と同時に、それまではママの健康を守る事だけを考えればよかったカラダは、ママのカラダに宿った赤ちゃんを守るために変化を始めます。その変化の一つにプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌という現象があります。

このホルモンは、妊娠した女性のカラダにのみ存在するホルモンで、お腹の赤ちゃんを守るために様々な変化を起こすのですが、その変化の一つに、子宮の柔軟を保つ役割があります。子宮が柔軟になる事で、お腹の中ですくすく育つ赤ちゃんのカラダの大きさにあわせて子宮のサイズも大きくなることが可能になるのです。

これによって、赤ちゃんは安心して成長できるという多大なメリットがあるのですが、これはママにとっては胃もたれなどの不調につながる事があるのです。

なぜなら、このプロゲステロンの働きは、同時に胃腸の働きを抑制し、その結果胃酸の逆襲などが起こりやすくなります。これが、胃もたれの原因となっているのです。この現象は、特に妊娠全期から中期にかけて起こっているのです。

通常ならは、この胃もたれは妊娠中期の中盤から後半にかけて改善あるいは軽減されます。しかし、継続して胃もたれが起こっている、あるいは妊娠後期に胃もたれが再発したという場合には、成長して大きくなった赤ちゃんによる圧迫などの影響だとも考えられます。

《妊娠中の胃もたれ/対処方法》

では、この胃もたれにはどうやって対処すればいいのでしょうか?

(胃薬を飲む場合)

実は妊娠中の胃もたれも、普段の生活の中で起こる胃もたれも基本的には対処方法は同じなのです。ただし、妊娠しているという前提での対処になりますので、服用する薬の種類などには注意が必要なのです。

市販の胃薬にも、その種類によっては妊娠に影響を与えないと言われていますが、それらを区別する事はママにとっては難しい問題です。

より安全な方法をと考えるならば、医師の処方薬を飲むか、薬剤師に相談するなどで対処しましょう。

(生活習慣で対処する場合)

先ずは食生活の見直しです。胃腸をいたわる食事を心がけてみて下さい。

具体的には、消化の良い食材を選ぶ・しっかりとよく噛んで食べる・1回の食事の分量を減らす・食べる回数は増やすなど。

同時に、ご自身のお腹の状態をしっかりと把握してみてください。胃もたれは食べる量に反応して起きているのか、特定の食べ物に反応して起きているのか、油物に反応している・味の濃い物に反応しているなど、食べたものと胃もたれのパターンを知っておき、それを避ける事で、胃もたれを未然に防ぐ事も可能になり得るのです。

《妊娠中の胃もたれは赤ちゃんに影響しているのか?》

幸いな事に、胃もたれ自体が赤ちゃんに影響を与える事はありません。しかし、前述の通り、胃薬を飲む場合には、医師の処方薬か薬剤師に相談する事をオススメします。

《妊娠中の胃もたれ/先輩ママ達の経験談》

(胃もたれで妊娠が分かった)

ある日突然胃もたれが始まり、なかなか良くならないな?と思っていたら、なんと妊娠している事が分かりました。吐き気ほどひどい状態ではなかったので様子を見ていたら、徐々にその状態が悪化し、ついに吐き気やおう吐にまで発展してしまいました。

でも、食事を全く受け付けないほどの悪い状態ではなかった事と、薬を飲むのに抵抗があったためガマンしてやり過ごしました。妊娠中期になる頃にはその症状は改善し始め、次第に気にならないレベルになりました。典型的なつわりの症状のようでした。

(胃もたれに唾液)

妊娠9週目でつわりが始まりました。最初の症状が胃もたれ。しかも結構ひどい症状で、食欲もぜんぜんわかない。

栄養を取らないとと思いながらも、食べれるものを少しずつ、食べれるタイミングで食べる。この方法で何とか対処しました。葉酸だけはとるように医師の指導があったので、サプリメントで摂取していました。

【まとめ】

妊娠初期のつわり、胃もたれから始まったという人もいらっしゃいますよね。吐き気や嘔吐に比べて比較的その症状は軽く感じるために見過ごされがちですが、胃もたれになると食欲がなくなり、栄養バランスに問題が起こります。

妊娠中のカラダは栄養バランスが崩れると、ママの体力の問題、赤ちゃんの成長の問題にも発展しかねない事ですので、あまりガマンせず、医師に相談して改善をはかりましょう。